更新履歴
    カプセルとスプーン

    育毛と発毛は同じ意味で用いられることが多いですが、一般的にサロンは育毛、クリニックは発毛と呼ぶことが多いです。
    より積極的に髪の毛を生やすのが発毛であり、今ある髪の毛を守りながら少しずつ太くしていくのが育毛ですが、明確に区分しないことも多いです。
    ただ、育毛剤は医薬部外品であり、発毛剤は医薬品であることを考えると、やはり後者のほうが積極的な効果を狙っていることがわかります。
    薄毛が気になってきた方は、まずは抜け毛を止めることが先決です。
    髪の毛を守るために一番大切なのは、抜け毛を正常な本数まで減らすことです。
    1日50~60本は普通に抜けますが、100本を超えてしまうようでは多いです。
    体調が悪いときは多くなるのが普通ですが、多い状態が継続するのは好ましくありません。
    すぐに抜け毛を減らすためにシャンプーを変えたり、生活習慣を見直したりする必要があります。
    そのまま放置しておくと、抜け毛が増えて髪はどんどん薄くなっていきます。
    地肌が目立つようになり、髪をセットするのに時間を要するようになるのです。
    ヘアセットに時間がかかるようになった場合も、薄毛が進行していると考えていいでしょう。
    髪質が変化してきたり、フケが増えてきたり、何らかの変化を感じたときも注意が必要です。
    本格的に薄毛対策をしたい方は、育毛から始めていくといいでしょう。
    シャンプー、コンディショナー、育毛剤を使用して様子を見ましょう。
    もし効果を実感できない場合は、さらに本格的な対策が必要となります。
    発毛剤を使用するか、医療機関で本格的な発毛治療を受けましょう。
    現在において最も確実な薄毛対策は自毛植毛です。
    自毛を植え込んでいく方法なので、確実な効果が期待できます。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧
          サイト内検索