育毛に効く成分と医薬品

心配する男性

育毛に効く成分はいくつかありますが、特に天然成分を使うのがお勧めです。
天然成分の場合は、長期間使い続けても、副作用が出ないので安心です。
天然成分で効果が出ない時は医薬品を使ってみましょう。髪に良い医薬品も最近は開発されており、自分の体質に合ったら、かなりの効果が期待できます。
育毛に効く天然成分の代表格は亜鉛です。
亜鉛を取り続けると、髪の成長に良い影響を与えます。
亜鉛はタンパク質を合成して髪の毛に変える働きがあります。
また亜鉛は薄毛や抜け毛の原因になる酵素を抑制する働きがあります。
亜鉛はカキなどの食べ物にも含まれていますが、食べ物だけから取っていても育毛には効果が薄い場合があります。
そんな時は亜鉛のサプリメントや亜鉛が含まれた育毛剤で補うのが良い方法です。
ノコギリヤシも育毛に役立つ天然成分です。
ノコギリヤシが育毛を促進するのは、はげの原因になる酵素を抑制するからです。この天然成分は、サプリメントやシャンプーなどに使われることがあります。
育毛に役立つ医薬品でよく使われるのは、前立腺肥大の治療に使われる薬と同じ成分を持ったものです。
この薬を取ると、薄毛や抜け毛の原因になる酵素の働きが阻害されて、髪が生えてくるようになります。
このタイプの薬は病院で処方してもらうことが可能です。
ただし普通の薬のように保険は適応されません。
このタイプの医薬品を処方してくれる病院の数は比較的多いです。
普通の内科でも処方してもらえることがあります。
これを使ってみたい場合は、まずかかりつけの医師に相談するのが良い方法です。
1日に1回服用する薬で、できるだけ長い間飲み続けなければなりません。
3年ほど飲み続けると、およそ8割の人の薄毛や抜け毛が改善します。

関連記事
  • 緑の錠剤
    医薬品を購入するには 髪の毛が抜けてきた、以前より髪の毛が生えてこなくなったことから薄くなってきた、そのような髪の毛の悩み... 2018年10月16日
最近の投稿
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索